[PR] 土地 FXへの扉 お叱りを受けたので。。。。
 相場情報や必勝法はありません。(>o<")(>o<")(>o<")                 FX&FX業者さんをいろんな角度から解剖します                   腹減ったぁぁぁぁぁ((+_+))
FC2カウンター


プロフィール

りおち

Author:りおち
このブログはりおちがのっとりました。
顔は撮らないでっ(>o<")
カウンターは2007/12/19設置


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


ブログ全記事表示


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2ブログランキング


▲page top

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲page top ウエヘマイリマース♪|/// |* ̄0 ̄)┌| ///|ウィ-ン▲









お叱りを受けたので。。。。


アメショウ

( ̄д ̄)エー 前回の記事にコメントで、「前のシリーズを書きかけで、勝手に新しいシリーズをおっぱじめるんじゃない!」と厳しい意見をいただきましたので。。。。

前のシリーズの---------- 再開 -----------

では無くて。。。。例の大学のデリバティブによる損失を、さらっと。。。(懲りてない??)


りおち

( ̄ェ ̄;) エッ? 前のシリーズに戻らないの??(厳しい意見ではなく、当たり前のことかと。。。。このブログでは、そうやって2度と取り上げられなくなったネタが他にもいろいろと。。。。)


アメショウ

いや。。。今回は戻ると思う。。。次回以降に。。。。

今日は(いつも?)、頭があまりまわっていないので、息抜きということで、どうかご容赦を。。。。


りおち

(" ̄д ̄)けっ! そんでもって大学がどうなったってか?


アメショウ

( ̄0 ̄;アッ はい。(いつに無く神妙)

実は大学の決算書類を事細かに解剖しようと思ったのですが、全10回くらいになりそうな勢いなので、肝心な部分のみ解説いたします。

最初に核心部分をずばっといきます♪。某大学の決算書類に記載されたデリバティブ取引の明細です。(今年の3月のやつ。今はこのときよりも、もっと悲惨ですが・・)

【デリバティブ取引】
デリバティブ取引の契約金額等、時価及び評価損益

①金利スワップ取引(受取り固定・支払い変動)
 契約額(想定元本) : 4億円
 評価損益 : 7百万円くらいへこんでいる

②金利スワップ取引(受取り固定・支払い変動)
 契約金額(想定元本) : 3億円
 評価損益 : 5百万円くらいへこんでいる

③金利スワップ取引(受取り固定・支払い変動)
 契約金額(想定元本) : 8億円
 評価損益 : 1千5百万円くらいへこんでいる

④通貨スワップ取引(受取り米ドル・支払い円)
 契約金額 : 4千5百万米ドル
 評価損益 : 29億25百万円くらい逝った

⑤通貨スワップ取引(受取り米ドル・支払い円)
 契約金額 : 1千8百万米ドル
 評価損益 : 18億3千万円くらい逝った

⑥通貨スワップ取引(受取り豪ドル・支払い円)
 契約金額 : 5億5千万円くらい逝った

合計で、(この時点でも)、53億円くらい吹っ飛んでいます。その後(つい最近の報道で)、評価損が100億円くらい増えて、150億くらいになっているらしい。。。。注記として、1.時価は取引金融機関から提示された参考価格による。2.スワップ取引における評価損益は決算日現在の損益を表示しており、満期時には解消するものである。。。。と書いてあります。。。。

満期時には解消。。。。(='m') ウププ。。。ものは書きようでつね。。。解消して実現損にならなければいいでつね。。。。


りおち

あのぉ~金利スワップとか通貨スワップとはどういった取引のなのぉ?


アメショウ

このヾ(`◇´)ノ彡☆コノ!バカチンガァ!!  金利スワップについては、前に懇切丁寧に教えたろうがぁ~もぅ忘れやがったがっ? 「金利スワップ」でブログ内検索してみなぁぁぁぁ~


りおち

(▼⊿▼) ケッ! あんた!今日はそんなこといえる立場かっ?


アメショウ

( ̄0 ̄;アッ はい。 失礼いたしました。

( ̄д ̄)エー 入手した資料には、ほぼ上のような開示しかしていないので、契約の詳細は分からないのですが、「クーポン・スワップ」ではなく、ただ単に「金利スワップ」とされていることから、おそらくは円の固定金利と変動金利のスワップではないかと思います。

金利のスワップの場合は、元本はお互いにやり取りせず、片方が架空の元本額(想定元本といいます)の固定金利で計算した利息を相手に支払って、もう一方が同額の想定元本に対する変動金利で計算した利息を相手に支払います。例えばこんな感じです。

契約当事者 : 某大学  某金融機関
想定元本  : 4億円
期  間   : 5年
某大学から某金融機関へ : 4億円×5%(固定金利)を半年分ずつ支払い
某金融機関から某大学へ : 4億円×市場金利(変動金利)を半年分ずつ支払い

※固定・変動金利で計算した「利息」を払いっこするのね

上の条件のときに、大学は半年に1回、1千万円ずつ某金融機関に支払います。1千万円×10=1億円の支払い。逆に某金融機関は、半年に1回金利を見直し、例えば市中金利が年8%なら1千6百万円、年6%なら1千2百万円、年4%なら800万円といった感じで、棒大学に支払う利息の金額が変わります。

つまり、大学側が某金融機関に対して支払う利息相当額の総額は一定(1億円)なのに対し、某金融機関が大学に対して支払う利息相当額の総額は、契約期間内の市中金利により増減します。

このような取引の、投機損益の追求を除く場合の経済的合理性(いっちょやるか♪と思わせる理由)については、お手数をかけますが、ブログ内検索で「通貨スワップ」として調べてみてやってください。

なお、このような金利スワップの契約の場合は、契約の当初も期間満了時も元本相当額のやり取りを行わないません。仮に、お互いに4億円を相手に融資しても、貸した4億円と借りてきた4億円は同額なので、「意味無いじゃん♪」という理由です。


りおち

((( ̄へ ̄井) フンッ! なんとなく前に聞いたことを思い出してきたわっ!


アメショウ

次に通貨スワップですが、これについても実務上は、いろいろ契約のものがあるのですが、詳細が不明なので、もっとも単純な通貨スワップの説明をします。この場合の例はこんな感じです。

契約当事者 : 某大学  某金融機関
元  本  : 4千5百万米ドル/49億5千万円($1=110.00円の場合)
期  間   : 5年
某大学から某金融機関へ : 49臆5千万円×2%(固定金利)を半年分ずつ円で支払い
某金融機関から某大学へ : 4千5百万米ドル×4%(固定金利)を半年分ずつ米ドルで支払い

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、例えて言うと、こんな感じです。

契約当初、某大学は某金融機関に4千5百万米ドルを貸し、固定金利4%で年間180万米ドル(半年分だと90万米ドル)の利息を受取り、契約期間の最後に、元本の4千5百万米ドルを、米ドルで返してもらうといったイメージです。’(ドルで貸した金の利息はドルで受け取るといった感じ)

反対に、某金融機関は某大学に495億円を貸し、固定金利2%で年間9千9百万円(半年分だと4億9千5百万円)の利息を受け取り、契約期間の最後に、元本である49億5千万円を、日本円で返してもらうといったイメージです。(円で貸した金の利息はもちろん円でねっ♪)

何故こんな契約をするかといえば、本来は資金需要と調達金利の関係等で経済的合理性があると認められたからなのですが。。。長くなるので割愛。。。(IBMと世界銀行のやつが最初の通貨スワップですが。。。)、某大学の場合は、単に資産運用として、為替レートが円安になったら・・・とかそんな理由だと思われ。。。。

それはそれとして、この通貨スワップの契約の開始から終了までのお金の流れを考えてみましょう(現在価値とか将来価値については考慮しません。)

まず大学側の米ドルですが、当初は相手に4千5百万米ドル渡し(キャッシュアウトし)、半年毎に90万米ドル×10回の9百万米ドルを利息として受取り(キャッシュインし)、満期日に4千5百万米ドルが返ってきます(キャッシュイン) つまり、差し引きで9百万米ドルのキャッシュインとなります。

逆に、日本円は49億5千万円イン→4億9千5百万円アウト→49億5千万円アウトなので、差し引きで4億9千5百万円のキャッシュアウトとなるわけです。

キャッシュインとキャッシュアウトを比べたもの。。。。つまり、為替レートが契約期間中ず-っと$1=110.00円ならば、9百万米ドルは9億9千万円に相当し、これが「入り」。支払った4億9千5百円が「出」なので、これを差引いても4億9千5百万円相当の「入り」(ようは利益ね。)が残ることになります。

何かに似ていると思いません?・・・・そうです♪FXのスワップ・ポイント狙いの運用とそっくりですね♪

為替レートの変動が無く、市中金利の変動が無かった場合、外貨のロング($建ての再建をもっているって言う意味で、某大学の場合もロング)をもち続けていれば、金利差により収益が生まれるという意味で全く一緒ですね♪ 当初元本総額のやり取りを行うか行わないかの違いと、レバレッジの違いはありますが、やっていることは似たようなものです。

さて、ここで問題が一点。これは決算書類には詳細は書かれていなかったので不明なのですが、実際には某大学が締結した通貨スワップ契約は、このような単純なものではなかったようです。

なぜか・・・・上のほうの④に書いたとおり、通貨スワップの契約額(くどいようですが通貨スワップは一般的に元本の交換を行いますので、ここには想定元本ではなく当初元本を書きます。某大学の場合は、違うんだったっら((((((((o_△_)o サァーシラン)は、米ドルで4千5百万ドルです。仮に$1=110円で計算すると、当初元本は49億5千万円に過ぎません。

しかぁーし! 当期の決算書には評価損が29億25百万円と記載され、さらに最近の報道によると、評価損の総額が決算期には50億円くらいだったのが150億円とされている。。。つまり、当初元本を超える評価損が発生していることになり。。。。

不思議ですねぇ~ 謎ですねぇ~ 契約書を見てみたいですねぇ~ 何をやっているんでしょうかねぇ~? どの程度のレバレッジがかかっているのでしょうかね~っ? (ΦωΦ)ふふふ・・・・

FXの場合ならとっくにロスカットされて退場なのですが。。。。某大学の場合は、キャンパスを抵当に入れて追証ですか。。。。

[壁]ロ゜)ハッ こいつもどこかで見たような気が・・・・

( ̄0 ̄;アッ さ●さ●さんで踊らされた、いたいけな方たちが。。。。。。子供の学資保険を。。。(〒_〒)ウウウ

よーし。上手くまとまったところで、次回はいよいよカルトブログ・ネタ 。。。。

かっ?


りおち

かっ?ってところが気になるけど、上手くまとまって、お後がよろしいようで。。。また次回。。。




本日も下のランキングボタンを押していただければ、うれしいのですが・・・・・

皆様の応援が増えると、情報のレア度がアップする?????ことはないか・・・・・・

  にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ
↑↑このボタンか↑↑↑このボタンを・・・できれば両方・・・がんばって更新するので。。。多分。。。











ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
2008⁄11⁄25 18:56 カテゴリー:アメショウのコンプライアンス・ルーム comment(2) trackback(0)


▲page top ウエヘマイリマース♪|/// |* ̄0 ̄)┌| ///|ウィ-ン▲













コメント



おひさしぶりです!
この記事見て、民間の大学って儲かるんだなーって思いました。
ボッタクリ授業料ですね

僕の父はそんな大学出身者です・・・(笑)
2008/11/30 21:28URL | ゆう[ 編集]


ゆうさんへ

どうもです。

授業料等(学生生徒納付金収入)が16億6千万円、手数料収入(入学試験手数料とか)が10億円、寄付金が3億5千万円、補助金が20億、資産運用収入が19億5千万円等もろもろあって、収入の部合計が約478億円、次年度繰越支払い資金が126億8千万円あります。つまり、350億円以上を毎年使ってしまうのですね。

入るのもでかければ、出て行くものもでかいですね。。。(ΦωΦ)ふふふ・・・・現在は繰越支払い資金を上回る評価損が発生しているのですね。。。。
2008/12/01 13:45URL | りおち[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 FXへの扉. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。