[PR] 土地 FXへの扉 すっげー気になる。。。
FC2ブログ
 相場情報や必勝法はありません。(>o<")(>o<")(>o<")                 FX&FX業者さんをいろんな角度から解剖します                   腹減ったぁぁぁぁぁ((+_+))
FC2カウンター


プロフィール

りおち

Author:りおち
このブログはりおちがのっとりました。
顔は撮らないでっ(>o<")
カウンターは2007/12/19設置


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


ブログ全記事表示


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2ブログランキング


▲page top

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲page top ウエヘマイリマース♪|/// |* ̄0 ̄)┌| ///|ウィ-ン▲









すっげー気になる。。。


アメショウ

 忙しいけど、朝からすっげー気になることがあって仕事が手につかないので、ちょっと書いてみます。

 ( ̄0 ̄;アッ 相場情報とかそんなのはないから、間違えてこられた方は、読んでも面白くないかもです。スミマセン<(_ _)>

お帰りは、一番下に直帰ボタンがありますので、ご利用ください。


で・・・何が気になるかって言うことだけど、昨日付けで発表された、↓の行政処分


>>>株式会社USS証券に対する行政処分について>>>


内容的には、↑の関東財務局の発表しているものを見ていただければわかるとおり、USS証券が自己資本規制比率が140%を下回ったため、業務休止届出を平成20年1月21日付で行ったが、その後2月14日付けで、自己資本規制比率が100%を大幅に下回っているとのこと。それで、3ヶ月間の業務停止命令及び業務改善命令が発出された・・・・と言うものだが。。。

前回のすばる証券に続いて・・・と言うこともあって気になったのだが、業務の休止期間をあえて1ヶ月にするというのは、USS証券にしてもすばる証券にしても、第三者割当増資の引受先のめどが立っているためではなかったのだろうか?USS証券のウェブサイトには「いつまで休止」ということは掲示されていないが、財務局の発表資料から1ヶ月ということは明らかである。

はっきり言って、まともな金融商品取引業者であれば、向こう1ヶ月の自己資本規制比率の予測というのは、ほぼ誤差なく計算できるものである(業務休止期間であれば変動要因が100%把握できているのでなおさらだ)。ということは、2月14日に自己資本規制比率が100%を割込むことは、1月21日からかなりの高確率で分かっていたはずだし、財務局としても1月21日の段階で、直接会って話をしているはずだから・・・・・

自己資本規制比率が、1月21日から2月14日までで、「140%割れから100%を大幅に下回る状態になること」自体は、2月18日に本社事務所を移転していることから通常の費用のみならず固定資産除却損なども発生しているであろうが、有形固定資産、投資その他資産の移転による変動は、そもそも控除資産であったものが固定資産除却損などに変わるだけであって、「固定化されていない自己資本」に与える影響は皆無であると考えられる。

また、移転先は、資本関係があるかどうかは分からないが、少なくとも同じUSSという名前をつけ、同じ社章であるUSSフォレックスと、同じビル、同じフロアーであるので、移転費用でそれほど財務諸表に大きな変動をもたらすことは無いはずだ。

なぜ一気に自己資本規制比率が悪化したのだろう???どうにも理解できない。2月14日付で届出がなされているということは、自己資本規制比率が実際に100%を下回ったのは2月13日であろうと思われるが、いったい何があったのだろう??

さらに・・・これは苦言ではあるが、ウェブサイトのみを見ていると当初1月21日付の届出と同時に顧客に対しても業務を休止する旨告知しているように見受けられるが、例えば1月21日以降は新規買付や信用取引の建玉を行うことができず、信用取引については1月中(予定)に決済する旨掲示されており、突然休止(すばるの時もそうだったが)している。

事前に分かっていることを不意打ちのように発表し、わずか9営業日以内に建玉を決済しろということは、顧客軽視も甚だしく、いかがなものだろう・・

念のために申し添えるが、自己資本規制比率が140%を下回った段階では顧客へ周知する義務はないし、業務を即刻休止しなければならない義務も無い。瞬間下回ってもすぐさま増資の実行等により資本を充実させれば、何ら問題ないからである。また、顧客資産の返還等を含めた清算業務が完了していれば、たとえ自己資本規制比率が100%を大幅に下回ろうとも今回の命令は発出されないはずだが・・・・

ちなみに、金融商品取引業者の自己資本規制比率が、例えば50%しかなかった場合でも、真実の財務諸表をもとに計算されたものであれば、顧客資産は1円たりとも毀損せず全額返還される。信託されているとかいないとか、そんなことはどうでもよい(ものすごくレアなケースで信託のほうがよい場合もあるが)。別の次元の話である。前にコメントでも書いたが、真実の財務諸表をきちんと作る人たちが働いているか?という人間の質というか倫理観のほうがよほど重要である。USS証券は法43条の2により信託しているはずではあるが・・・


実は他にも頭の中でぐるぐる回っているある重大な疑念があるのではあるが、これ以上やるとやばそうなので、差し控えるが(財務局が何らかのアクションを起こせば別だが)、いずれにしてもだらけである。

・・・いろんなグループ会社もあったのね・・・知らなかった。


以下↓調べたらいろいろ分かってきたので再更新

ブワッハハ!(▼▽▼)人(▼▽▼)ブワッハハ!!

な~んだ。札幌地裁で負けたあそこの会社を吸収していたんだ。これで納得。そりゃそうだ。証券一筋かと思っていたので誤解していた。

それにしてもグループから見放されたのは???やっぱり人間関係かな?



←fc2のFXブログランキングへの直帰ボタン

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ←←ブログ村のFXブログランキングへの直帰ボタン





ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
2008⁄02⁄19 11:28 カテゴリー:アメショウのコンプライアンス・ルーム comment(1) trackback(2)


▲page top ウエヘマイリマース♪|/// |* ̄0 ̄)┌| ///|ウィ-ン▲













コメント


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/02/20 18:39 | [ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


管理人の承認後に表示されます
2008/04/02 09:47
管理人の承認後に表示されます
2008/04/14 06:14

| HOME |



Copyright © 2018 FXへの扉. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。